スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/30 GG vs渡り鳥inL3 vsらぶせぴinB1

今回もFa枠はお休みなのでAXで。

スタダはL3渡り鳥に。
100人規模の上昇株という事で戦力確認が主目的、L3の地形なら平地戦に持ち込めるだろうからちと遊ぼうぜってのが第二目的。

スタート時はやっぱり重力発生→WP詰まり。
渡り鳥側は1MAPにも戦線を展開。(城主以外?)
しかし圧力が足りないのと地形がイマイチなため突破。
ノピポイントには迎撃戦力を割いていなかったため、こりゃ余裕だなと思っていたのですが、FAST3MAP集結中にチェックメイトがブレイク。

予想外かつ予定外。

その後もアルマとチェックメイトに回され、ようやく確保した時は渡り鳥も転戦。
不完全燃焼もいいところだったため、急遽B1らぷせぴを攻める事に。


B1にはMR2が先客としていたものの、混乱無く共闘態勢を取る事に成功。
交互に突撃するものの、やはり前衛が堅くて痛い。
ロキを落としてもなかなか進めない状況が続くなか、なんとか押し込みMSがブレイク。
レース状態になった後にチェックメイトに横からさらわれてらぶせぴが確保防衛状態に。

しかし21:40ごろからなんとかER入り口を切り崩す事に成功。
この時点でMR2との共闘破棄、一転して足の引っ張り合いに。
らぶせぴに押し戻され、敗色濃厚に。

21:50転戦指示。
ところがポタを停止し、レース場へのポタ再取得に動いている間にAlbがエンペ横EMCとの報告。
B1ポタ再開と同時にAlbがブレイク。この時点で渡り鳥は転戦した模様。
エンペ消滅直後にSFAがエンペ横EMC。
もうちょっと早かったら怖かったかも。


やはり対らぶせぴは面白い。
数の劣勢を質と動きで補っている辺り、純粋に見応えがある。
こちらとしては一人ずつ確実に落としていくしかないのだけど、ナカナカ。


あと今回の反省:レーサーから殺せ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
マビノギスキル
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。