スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのかんがえた、たいTPさくせん

作戦名:数ゲー乙


下準備:全員にブーンPOT配布

第一段階:
タイミングを揃えて全ギルドEMC。
おもむろに全員ブーンPOTを使用してTP陣地内のLP上に駆け込む。
カイトカウプがしっかり回っていれば損耗を減らす事が出来る。
射程に甘えて分散したりすると被害は増えると思われる。
たどり着くまでに仮に15名死亡したとして60vs40


第二段階;
ルート1(教授殺害)
全員で教授(ラーメン>たれ)と鳥を殺す。献身があれば献身ごと殺す。

殺害ルートの利点はTPの行動の起点になっている教授とLPを潰す事ができる。
また、脅威であるADSに対し、ニュマで対抗できる。
デメリットはLPが無くなるため魔法をモロに受けて数の優位を生かせなくなる可能性がある。
自軍でLPを出し直すのも1つの手

ルート2(教授生存)
全員で鳥とWIZを殺す。
TPのLPは鉄壁である。このLPがあるうちに迅速に鳥WIZを潰せば残るのは単体攻撃のみである。
デメリットはLPは自分で消したり場所を下げたりできるため、TPに陣を移されたあげくこちらも分散して各個撃破される可能性が出てくる。


選択枝を減らす上でもルート1が有効かと思われる。
めんどいのでルート1を選択するとする。

殺害過程で10名やられたとして50vs38

第三段階:
WIZ、クリエ、AX、チャンプの順に殺害。
ただしAXにEDPグリムはさせないようルアフサイト徹底。自軍のハイドは諦める。
ニュマを置きまくる事。
この過程で20名やられたとして30vs25ってとこか。

第四段階:
戦闘地域でマスターに献身かけてEMC。
献身はこの時まで死ぬな。死なないで。
その後残敵をすり潰す。


別働隊:
複数のマヤパを全部チェイスに持たせ、敵マスターの追尾に全てをかける。
なお、蝶戻りで見失わないために一名は常に入り口で待機。


注意点:
各行程に時間をかければかけるほど損耗は増える。
一分でカタをつけるのが望ましい。EDP脳的に。
何より重要なのが第一段階。
敵陣に切り込む人数が増えれば増えるほどタゲが分散するため、プリだろうがWIZだろうが全員走れ。
FWは$で踏め。お前の死は無駄にはしない。
戦場を限定出来る分、守護石は捨ててバリケ前でやった方がやりやすいかも知れない。



昨日はラインについて書いたけど、ライン決めて戦ってる時点でTPの土俵な気がしてきたんですよ。
TPが技術と手数でこちらの人数に対抗しているなら、こっちのやるべき事は人数差を生かした乱戦かと。
動画を拝見した感じ、挟み撃ちも有効だったようだけれども。

まあ脳内乙であります。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

あそこの教授は反応速度早くて、うちの連携能力だと張り直すまでに壊滅させれないんですよこれが。
あとWIZがSG撃てる位置まで出るとADS乱舞で即死という。
ニュマとかキッチリ維持してやれれば良いのだけど、そこら辺がうちのまだまだな所です。
ブログ内検索
マビノギスキル
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。