スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>39

規約違反だと考えて禁止させたいのか、戦術として「ずるい」から反対なのか、
そこのところを、反対派ははっきりさせて欲しい。


三行でまとめないと誰も読まないとアドバイスを頂いたので簡潔に。

GvGSEは「守護石」「城門」「バリケード」の三つの防御装置を特徴とする
バリケ越えはバリケードが存在しているにもかかわらず、条件付きでその価値を減ずる(0にはならない)
だから「好きではない」


まあ厳密には私は反対派ではないのだけど。

長文に耐えられる人は追記に。

理屈の話はもうさんざんやったけど、何で嫌かっていう話はまとめていませんでした。
ただ理屈あっての感情だと思うので、興味のある方は是非読んでみて下さい。

一行目、「GvGSEは「守護石」「城門」「バリケード」の三つの防御装置を特徴とする」
SEの基本ですね。
SEの良いところは、単純なパワーゲームではなく各種ギミックを生かして防衛側が有利に立ち回れる所だと思います。
もっとも立ち回り次第では一方的にやられてしまいますが、突破されてエンペを割られたらそこで終わりのFEとは違って、復活可能な守護石とある程度の耐久力をもつバリケードにより、防御側には立て直しの猶予が与えられています。

二行目「バリケ越えはバリケードが存在しているにもかかわらず、条件付きでその価値を減ずる(0にはならない)」
ところがバリケ越えを通してしまうと、防御側は立て直しの機会を著しく損ないます。
バリケ越えを許してしまう状況では完全な劣勢であるので、いずれにせよ割られるという仮定はとても正しいです。私も記事にそのようにまとめています。
だからといってその時点でバリケを無かったことにして、その先に兵を送り込むのはまた別の話でしょう。
なお、GvGの開催時間は2時間の限定であり、数分の差が大きな意味をもつ場合は十分にあります。

三行目「だから「好きではない」」
嗜好の問題です。不正行為であると言う気も、ずるいと言う気もありません。ただ、SEの良さ(これも主観ですが)が損なわれて残念だと思います。
不思議なのは皆城門越えについてはほとんど触れたがらないことです。
代わりにWP越えを引き合いに出してきます。
「WP越えがOKで何故バリケ越えが駄目なのか?」という方に質問です。「ではバリケ越えはOKだとして城門越えはどうなの?」
結構な数の人が、城門越えはSEの存在意義そのものを揺るがす行為だとどこかで感じているんじゃないですか?
でも理屈でどうこう言うのも面倒だし、なんとなく感じるままに、「城門越えは何となく嫌だけど、バリケ越えぐらいならいいんじゃない?」こんな所ではないでしょうか。

どこまで許容するかの胸先三寸であり、そのラインが城門にあるかバリケにあるかの差でしかない気がします。
もっとも城門越えも全然抵抗がない人も居るわけで、結局の所感じ方次第ですよね。


城門やバリケを否定するということは、単純な戦力勝負のパワーゲームにするという事です。
それが流れなら追従せざるを得ませんが・・・
ついでにバリケ越えについては強い攻め手が戦力に劣る防衛側に対してとどめとして使うものです。
こういういのをパワーゲームって言うんじゃありませんか?

劣勢な側が戦況をひっくり返せる戦術だと思ったら大きな間違いです。


なんで黒麺に使われるときついのか。
鯖TOPで超つええってのがまあ理由なんですが、強さの質が問題なんです。
ちょっとこちらの動画の2:00ぐらいからご覧下さい。

http://zoome.jp/tp-wene/diary/5

TPの方の動画で、勝手に例に挙げるのは失礼かもしれませんが、とてもわかりやすい例なので。
いつものセレの偵察LKさんです。
数が多くて強いなら相手以上に倒しちゃると思います。動きが良くて強いなら完敗・・・いやそれ以上の動きで対抗しようと思います。
でも規格外の方はちょっと・・・
バリケ裏にコレ・・コレじゃ失礼だ、この方と同じようなレベルのが複数来る可能性があるんですよ?
バリケ裏に戦力半分置きますか?
それだと同規模相手でもバリケ前を守り切れませんよね。
でもバリケ前を守りきれないと超えられて乙!
ぶっちゃけ雲水氏に献身つけてとにかくバリケ越えを繰り返して、超ユニットが超えるまでやれば一定以下の勢力は全部落ちるわけですが、流石にそれはしていませんね。
でも対戦している側はずっとその恐怖とも戦っているんです。
だから黒麺のバリケ越えは「嫌」。
「ずるい」でも「汚い」でもなく「嫌」。

嫌なら放棄すればいいと言われます。
でも勝てないからと言って逃げるのも「嫌」
その葛藤の間に居るからグダグダ言ってるんです。


ここまで読んだ方は判ると思いますが、どれだけ理屈っぽい事を並べても結局感情の問題です。
だから他人の行動を規制するつもりはありませんし、白黒つける気もありません。
ルール策定も無理なんじゃないかなあ。それに何でもやってOKって言う人からうちみたいな原理主義的な話を持ち出す所まで、いろいろな主義主張がある状況を結構気に入っています。

皆がやりたいようにやればいい。言いたいことを言えばいい。だから「厳密には反対派ではない」


こんな感じ。

パワーゲームの流れになるのは嫌だと思いつつ、皆勝手にすればいいと言ってしまう私は無責任なのかなあ。


あと、ぶっちゃけ私も戦術としてのバリケ越えには魅力を感じている事を否定できません。
みーぬさんの話にあった、バリケ越えと見せて裏EMCに繋げたとかゾクゾクしますし、うちの3バリを超えたように決まったら快感でしょう。
活用するための理論も立っています。

それでもなお、バリケは超えないほうがいい一線だと思っています。


まあ次はもっと上手く戦うよ!



追記1:
てか何でこんなに大事になってるの?
バリケ越えなんて今に始まった事でもないのに。
私としてはいろいろ思考を整理する機会になったし、面白かったからいいけど。

腹が立つというのは精神的な防衛反応です。
意識しているしていないにかかわらず、自己(一個の肉体に留まらず、所属組織や精神性、イデオロギーなども含めたとても広い範囲で。上手い言葉がみつからないいいい)が攻撃されたと感じた時に起こる精神反応だと理解しています。
「バリケ越えうぜえ」の一言で、実際対戦した黒麺が「自己の勝利を否定された=攻撃を受けた」と感じて腹を立てるのは理解できます。黒麺にシンパシィを持つ人であれば準自己ということで同様の感情を持つこともあると思います。
しかしこのヒステリックな拡大のしかたはちょっと理解を超えます。
そこで仮説を立ててみました。

仮説1:皆どこかでバリケ越えに対して後ろめたい気持ちを抱いているのではないか?
本人が自覚しているかどうかに関わらず、いやむしろ自覚していない時ほど負い目を追求された時にカッと腹を立てて自己防衛を行います。その場合は自己否定を避けるために事実をねじ曲げて表現することは普通にあり得ます。
目をつぶり、胸に手を当て、そっと本当の自分と向き合ってみて下さい。
本当はあなたも周囲に流されてるだけではありませんか?

とまあこういう内容を仮説ではなく事実として断定して突きつけるのが議論に勝つ秘訣らしいんですが、勝ち負けよりも戯れ言をダラダラ書く方が好きなので次。

仮説2:みんな暇
なんというすさまじい説得力。やばい、検証する必要もないぐらい強い。(この追記で検証なんてする気なんてさらさら無いけど)

仮説3:みんな黒麺が大好きで、FASTがだいっきらい
きゃあああああああああああ!
これはひどい。

いやまあ嫌われても別に何の差し支えも無いんですけどね。
こういう自己否定的な発想をまずしてしまう人、そしてそれを根拠無く真実と思いこんでしまう人は鬱病のリスクがあります。心の健康は身体の健康と同じぐらい大切なので、気をつけてお過ごし下さい。

仮説4:2ch風掲示板なんてこんなもん
これだな、うん。


追記2:
ふとにゅかんの GvGについて語るスレRound-121を見てきたら、レス44にN3防衛のSSが張られていたのですが、これうちのブログのSS直リンじゃん (コレ
別に使ってくれても良いけど、これじゃ私が書き込んだみたいぢゃないかw
今回はもうかまわんけど、次やるなら名前消してどっかのあぷろだにでもよろしく。


コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
マビノギスキル
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。