スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗因分析(長文注意)

何かんt(ry

変なスイッチが入っちゃったのでまだまだ書きますよー

今回の黒麺戦の特徴は、決して防衛有利とは言えない守護石直上イナバ状態での膠着と、逆に元来防衛拠点であるはずのバリケード戦のあまりにもあっけない突破が挙げられると思います。
この差は一体何だったのか。
バリケ越えは強力だけど、させない方法、されてもできる対処がちゃんと存在しています。
それが実行できなかったのは何故か。
水曜日になって双方のレポ及び動画が充実してきたので、検証を行いたいと思います。

参考にした動画:
●FAST同盟
One収容:
うちの 
えーりんさん (下の方ににこにこへのリンクが追加。翌日、翌々日にも記事が)
TM収容:
やくとさん

●黒麺同盟
お猿収容:
クロエさん
納豆さん
レポ:
アルミーヌさん
上記全て無断リンクになるので、もし問題がある場合はご一報下さい。
雲水さんの動画も見たかったのですが、一般公開はされていないようなので断念。

とても長いので本文は追記に。


◎守護石戦
キーポイントはN砦には珍しい「重力」になると思います。
個々の戦闘力ではLoki最強クラスの黒麺を数度に渡って撃退できたのは、EMC直後の重力下で動けないままFAST側の範囲攻撃を受けた事が大きいようです。
守護石周辺はガーターじゃないんですよね。
もちろんSW、サンク等による維持も大きかったかと思います。

問題はLPで、黒麺側にはN3登録の温もり拳聖が居ました。
LPがあるとこちらの大魔法は当たらないし、消すと温もりで一瞬で壊される。
このバランスをどう取っていたのか知りたいところですが、エフェクトONだとSGで真っ白、OFFだとそもそも見えないという・・・
多分守護石直下は常時LPで、物理攻撃で排除していたのだと思うのですが。

裏EMCをバンバン通された事についてですが、守護石直下については常時置いていたSWが仇になりました。
雲水氏は金盾+高Fleeなので、SWに乗られると遠距離攻撃かつ必中で魔法攻撃ではない石投げ、SBr、スペルブレイカー辺りで対処するしかないのですが、5秒以内にエンペに重なった相手をターゲッティングする技量がですね・・・精進します。
不協和音をもっとあちこちに置ければ良かったのですが、雷鳥を城門内にふった分和音にまで手が回っていません。
守護石周辺の攻防になった時点で、AXに集中してほとんど動いていなかったうちの鳥を守護石裏に回して和音を展開すればよかったですね。
あとはやはり重力でしょうか。
守護石以外でもEMCの詠唱に遭遇していますが、詠唱終了までに攻撃を加えることができていません。
守護石前広場にもっと広く自軍が展開すればEMCを防げるという話もありますが、FASTでは個々の性能で黒麺に対抗する事は難しいので、分散させたら恐らく正面から突破されていたかと思われます。
逆に数度にわたって黒麺の攻撃を撃退できたのは、中心軸に戦力を集中していたお陰だと思います。

最後のお猿のEMCですが、完全にこちらの虚を突かれました。
動画群には写っていませんが、21:28に第一守護石復活、21:30以降にこちらでも小規模な戦闘が行われています。
これに対して出前のマスターが向かい、TMからもかなりの人数が応援に行っています。
第二守護石側は21:33のお猿のEMCを撃退後、黒麺の圧力が減少、こちらはこちらでクランクへの押し上げを意識します。
第一第二間の戦力の分散、そして第二では撃退したとの一瞬の気のゆるみ。
この隙に第一第二でそれぞれ出前とお猿のEMCがほぼ同時に決まってしまいました。
「第二が割れたら第一を守ればいい」「第二はクランクまで押し上げれば安定する」この二つの思考が罠でした。




◎バリケ戦
「もし第一バリケが残っていたら」というのは魅力的な仮説ですが、考えないことにします。
だってもう無かったんだもの。
バリケ戦のポイントはFAST側の展開の遅さ。黒麺側の早さ。
FAST側は城門開放後、すぐに第二バリケでの防衛ラインを指示しています。
が、どうやら一部に「第一バリケで時間を稼いでいる間に」という甘えがあった模様。
うん、そういう風に打ち合わせていたしね。
MuCh撤退後に第一バリケ直せ→直せないよ?ってやりとりがあったはずなのに。

21:37~38に城門開放、21:38台にOne及びTMが第二バリケ前でEMC、21:39には雷鳥ポイントに敵前衛が到達し、お猿はバリケ越えを狙っています。
雷鳥ポイントは39分台にはほぼフルメンバーが揃っていますが、抜けてきた黒麺前衛により半壊。
この時点で広場内に展開していた本隊もかなり数を減らしています。
スクリームジョークでは今回の黒麺は止まらない事が守護石クランク戦で明らかになっていたはずなのに、ここでなおそれに頼って展開したのが失敗だった模様。
なんとか攻撃を食い止めるのが精一杯で自軍に大きな損害を出し、結果広場がスカスカになって21:42にお猿がバリケ→でEMC。続いて出前も同じ所でEMC。お猿の20秒後にはOneがバリケ←でEMCをしていますが、すでにバリケに多数張り付かれています。
完全な乱戦になってしまい、浮き足だったOneは完全に排除されてしまいます。
21:42~44の間のバリケ裏でのTMの展開が知りたいところ。←ほとんど居なかったらしい。個々に旗復帰して、順番に食われてたのか?
21:44お猿がバリケ越え。
WIZ1、教授2、LK1、砂1、クリエ1、ディポパラ1がバリケ裏で展開。
動画を見る限りTMのキャラはほとんど見えないけど、もっと奥にいるのか元々居ないのか
ここでのバリケ越えは第二バリケが壊れるまでの間がほとんど無く、ブレイクそのものには大きな意味は無かったかのように見えますが、2-3バリケ間でどう動いていたのかは不明。
そのまま3バリに向かったのか、旗復帰のTMを潰していたのか。
バリケ越え直後にバリケ裏のTMが急に増えているので、TMのEMCがあったのか?
バリケ戦では温もり拳聖がハッスルしまくってました。
これもバリケがもたなかった大きな要因のようです。


何にせよクロエさんの時計で21:44:38に第二バリケ崩壊。
21:45:31には第三バリケ越え。
チャンプ2、LK1、パラ1、教授1、リンカー1がバリケ後方へ展開。
第二バリケが破れてから3バリEMCまでの間が速すぎる。
この時点で第三バリケ裏に展開していたFASTは鳥1、WIZ1、プリ1。
次々と阿修羅を食らって、ついでにTMマスターも阿修羅で落ち。
教授とかも来るけど順番に阿修羅で落ち。
バリケを抜けている戦力の報告をするべきだったか。
2バリケが割れるのが早すぎて、3バリにラインを移せなかったのが痛い。
むしろ判断が甘いと言うべきか。

バリケ裏が落ち着いてきたのが21:46:30前後。
結局一分近くバリケの裏表を占領されていました。
OneのEMCも同時刻。
ここから巻き返しをはかりましたが遅きに失しました。
21:47すぎに再度OneがEMC。この瞬間に一気にバリケが限界を超えて21:48丁度ぐらいに第三バリケ崩壊。
21:49にOneが3バリケ跡地でEMC。ところが同時にお猿がエンペ後ろの旗付近でEMC。
完全に裏目に出てしまいました。
エンペ周辺でTMとOneがEMCをしてイナバに持っていけばあと数分はもったのでしょうか。
10分耐え切れたかどうかは定かではありませんが。
第三バリケ崩壊と同時に私を含めてAXが三人エンペ周辺まで下がっていますが、一人に任せて後方警戒に当たるべきでした。


こうしてIRCログを見返していると、第三バリケ超えEMCの直後から一気に空気が悪くなっています。
皆の心を折った一撃だったのでしょう。
その後エンペを割られるまでまともな指示も報告も上がっていません。

2バリケ戦以降TMのEMCの形跡がないのも気になります。
守護石修理の指示が出ており、その影響なのでしょうか。

ゲームである以上、キャラとキャラとの戦いなのですが、その一方プレイヤーの精神力の戦いでもありました。
FASTは守護石戦で実力以上の結果を出すも、皮肉にもそれが一瞬の隙を生み、大きな打撃を受けました。
バリケ戦では第二バリケ防衛計画を崩され動揺し、第三バリケ越えで限界を超えてしまったようです。
エンペを折られる前に心が折れたらもう戦えないよね。

バリケ越えについての不満が一気に噴出したのは、この一撃の精神的なダメージが大きかった裏返しなのかもしれません。
前半にMuChにまさかの城門越えを食らっているのも、またかよ感を加速させて悪い方向に作用しているのかもしれません。

ちなみに雲水氏は闇雲にバリケ越えを狙ってくるわけではありません。
こちらのバリケ周辺の戦力を慎重に計りつつ、トドメを差しに来る感じです。
逆に3バリで見せたように、こちらの展開が遅れれば一気に差し込んできます。
情報の伝達と判断が適切なのだろうと思います。
間違っても金ゴキあればいけたなんて言ったら失礼。

ちなみにバリケ裏が削られたからと言って、うかつなEMCは厳禁です。
その隙にバリケ越えEMCを刺され、下手すれば一気に食われます。
最大の防御はバリケ周辺を一度も制圧されない事でしょうか。
黒麺相手にそれが可能であれば、ですが。

他には超えられるのを承知で城主のEMCを下がった位置で行い、抜けてきた敵を個別に殲滅する事も可能ですが、バリケ裏の圧力が全くなくなる事から数本持って行かれるのを覚悟する必要があるかもしれません。
理想的なのはEMC無しですばらしい勢いで全員旗復帰する事ですが・・・
もっといいのは誰も死なないことかな。

GFは有効なスキルですが、ディレイとは別の硬直時間とか、岩盤やLPとの関係とか、重ね置き時の事とか、不発とかいろいろ考慮した上で投入するのが宜しいかと思われます。

つーか「完全に対策できないこと以外はアリなLokiGvG」ってマジ?

まあ対バリケ越え金チェイスを試したい方は、どこかの砦を占領した上でお願いすればすぐに来て貰えるのではないでしょうか。

さらに蛇足で昨日の内容を繰り返すことになるけど、バリケ越えを戦術として取り入れるところは取り入れればよろしいかと。ただ、面倒だなと思う自由とそう発言する権利はうちにもありますよと。


話をバリケ戦に戻すと、うちに足りなかったのは20分間守りきるという決意と、20分守りきれば勝てるという割り切り方でした。
また、FEの頃から課題であった「定点防衛には強いが、拠点を移動しながらの攻防に弱い」という特徴がはっきり出てしまった戦いでもありました。


こうして振り返るとすごい戦いだったなあと思うわけです。
黒麺は最高の敵でしたし、FASTの皆もよく頑張りました。
それがバリケ越えの是非の話で終わってしまうのは本当に残念ですし、戦った皆に失礼でした。
今更バリケ越えの是非を問うような気はさらさらなかったのですが、勝手に話がそっちに持って行かれました。
何はともあれ話の発端を作った一人として心からお詫び申し上げます。


この考察が双方の参加者と、興味を持って見てくれた人の楽しみの一助になれば幸いです。



てか私が本当に衝撃を受けたのは黒麺のバリケ越えじゃなくてMuChの城門無視EMC(城門内部境界超えEMCとでも言った方が適当?)の方なんだが、さっぱり話題になってないのは何でなんだぜ?やっぱりN3限定だからか?
こっちも是非を問う気はないけど、腰が抜けるだろ普通!

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログ内検索
マビノギスキル
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。